中国人はなぜ熱いお湯を飲むの?

よく日中間を行き来する方は、中国人がよく熱いお湯を飲んでいるのに気づいたことがありませんか。
また最近、全人代の間、従業員は熱いお湯を代表たちに提供している映像を見たことがありませんか。

中国人が湧いた熱いお湯を飲むのに不思議に思いませんか。
中国人のおじいちゃんおばあちゃんは、旅行でも、魔法瓶を携帯しているのです。
それは「中国胃袋」は水道から直接出た冷たい水を耐えられないでしょうね。

多くの中国人自身でも、なぜ冷たい水より、熱い水を好むかわからないのです。
大部分の人は、これは「伝統」もしくは「文化の差異」と関わっていると認識しています。
観点をまとめると、下記の数点になります。

>>中国の茶文化

一部の人は、中国人が熱いお湯を飲む習慣は、悠久の歴史をもつ茶文化と関わると思っています。

古代からのお茶を飲む文化は、中国人家庭に湧いたお湯を使うようにしました(お茶を入れるため)。
しかし、日本、韓国など隣国も、昔からお茶の文化もありますが、熱いお湯を飲まないのは?

>>衛生問題

中国では、お水を沸かせることで、水道水に入っている大部分の細菌を殺せると信じています。
一部の人は、この簡単の方法が、歴史上数回大規模な急性伝染病から中国人を守ったのを思っています。
例えば、ペスト。
今でも、衛生問題は、多くの地区が差し迫って解決しなければならないのです。

>>歴史要因

歴史背景に関わるというのは、割りと斬新的な観点です。
20世紀50年代、中国政府は健康衛生の問題を考慮した上、全民にお湯を飲むように呼びかけていました。
また当時、お湯を沸かす条件を揃っていないところには、ボイラー屋を設置しました。
これは、計画経済の時代から伝承した習慣です。

日本のレストランで氷水が出すのに対して、中国のレストランでは、お湯を頼むことが普通のことです。
今、多くの中国人のお医者さんも、外国人に熱いお湯を飲むことを勧めています。
特に生理中の女性には、熱いお湯を飲むのは生理痛を和らぐことができます。

皆さんは、これらの観点を読んで、少しでも納得しましたか。