2018年9月 上海kintoneワークショップ

こんにちは、小辅です。

今回は、2018/9/7(金)開催しましたkintoneワークショップについて報告させていただきます。

今年8月に弊社の事務所を拡張しこんな感じのラウンジができました。

せっかくなので、いろいろな方に、このラウンジをご利用いただきたいということでイベントを検討し、東南アジアやU.S.のほうでご好評をいただきました、kintoneを題材にしたワークショップをやってみようということで、パートナーの天進ネットワーク様と共同で開催をいたしました。

何気に、上海ではこのワークショップ形式での企画は初めてでしたので、どれくらいお集りいただけるか若干不安でしたが、おかげさまで、22名の方にご参加いただきました。ご参加いただいた皆様誠にありがとうございました。

まずは、弊社日系マーケ担当の有島より、今回の趣旨、そして流れのご説明をさせていただきました。

続いては、サイボウズ社員よりkintoneを愛している(笑)、天進ネットワーク 川岸様より、kintoneの概念と効果、導入事例などをお話しいただきました。

後半は、本気イベントのメインになります、ワークショップとなります。各机4人ぐらいでグループを組んでいただき、自己紹介などで、皆さん仲良くなっていただきます。

そして、実際に、kintoneで解決できそうな現在抱えている課題を、各自考えていただきます。みなさん、頭の中フル回転で考えていらっしゃいます。


続いては、グループ内で各自が考えた課題について、発表しながらグループとしての意見としてまとめていってもらいます。

最後は、各グループの代表者が、課題を発表していただきます。

お酒が飲める方は発表の前に、ビールを一杯景気づけに飲んでいただいてからの発表となります(笑)

当初は、合計10個出ればいいかなあと思っていましたが、その3倍以上出していただき、
どこの会社様もたくさん課題を抱えてられるんだなということを改めて実感いたしました。

この、課題をもとに、有島と川岸さんのほうで、kintoneで解決できること、またその事例などをお伝えさせていただきながら、より具体的にイメージをしていただきます。


という感じで、非常に楽しくあっという間に時間がたってしまいました。

そして、アンケートを記入(もちろん紙でなくkintoneでしていただきました)をいただいたのですが、一番、うれしかったのは、「ハンズオン編 kintoneを使って実際アプリを作ってみよう】に参加したいですか?という質問に対して、90%以上の方が、YESとお答えいただき、本イベントをやってよかったなという感じで第一回を終えることができました。

最後は、皆さんと記念撮影です