2018年9月17日 德必园区share office seminar

こんにちは、小辅です。今日は、中国会社向けのseminarを9/17に開催いたしましたので
その報告をさせていただきます。

おかげさまで、弊社は中国において約930社のお客様にご導入をいただいており、その12%が日系資本の入っていない、つまり中国系の会社様にご利用いただいております。

今までは、日系企業様中心の体制づくりをしておりましたが、今年から、日系、中系の顧客比率を逆転(当然母数は大きくしながら)を目指して、少しずつ、中国会社様向けの販売体制づくりに挑戦しております。

そうはいっても、まだまだ、勝ちパターンが見えてないのが現状であり、試行錯誤をしている最中ではございますが、その一つの挑戦の取り組みとして、

德必

http://www.dobechina.com/about/

というshare officeを管理されている会社様のご協力のもとご存知”アリババ”のクラウドビジネス事業会社である

アリババクラウド社との共同セミナーを開催いたしました。

今回は、しっかり事前準備をして、
事前申し込みで36名、そして実際は38名にお越しいただきました。

セミナー司会といえば、もちろんこの方。弊社 石です。もう数もなんどもこなしすっかり板についています。

まずは、アリババクラウドの邱胜玮さんに、阿里云の世界とその価値についてお話しいただきました。同じクラウドビジネスではございますが、弊社と違い、圧倒的なスケール大きさでお話をしておりました。

德必内で事務所を構えている会社は、スタートアップ企業が多いので、まさに未来のアリババを目指して
仕事をされてるのかなあと思って私も見ておりました。

次は、いよいよ弊社になります。スピーカーは営業マネージャの朱よりお話をさせていただきました。実は、大人数でプレゼンをするのは、初めてだったので、登壇前はこんな感じ、緊張して顔がこわばっています。

ただ、いざ、実際の始まると、しっかり落ち着いた感じで、わかりやすく、重要な部分はゆっくりと強調して話、無事終えることができました。

という感じで無事におわりました。

気になる結果は?

 

残念ながら、今時点ではわかりません。

これから、しっかりフォローさせていただき、1社でも多くの会社に興味をもってもらえればと思っております。

例え、結果につながらなくても、受注につながらない理由などをしっかり情報としてうけとめ、次の改善につなげていければと思っております。

引き続き共有させていただきます。