11/15「組織づくりの話をしようセミナー@上海」開催レポート

こんにちは、マーケティングチームのSissiです。

今回は、2018/11/15上海にて「2019年に向けて、組織づくりの話をしようセミナー」の共同セミナーを開催しました。今回はその速報をお届けいたします。

皆さんは「従業員が定着しない」「採用がうまくいかない」「来年にむけて組織再編を検討している」など組織マネジメントに課題をお持ちではありませんか。それらの悩みを解決するために今回「福利厚生」「ルール」「ツール」の3テーマを設けました。

こちらが今回のセミナーのチラシになっております↓

開催当日、中国で活躍される多くの方々にご参加いただきました!

最近オープンしたサイボウズ中国のWechat公式アカウント「Cybozu倶楽部」もご案内させていただき、皆様、熱心にフォローいただきました!

会場満員!ありがとうございます。

 

さて、ここから当日の講演概要をご紹介したいと思います。

 

15:00~第一部「給与だけではない魅力的な組織づくりとは?」

講師:結城 貴弘(ベネフィット・ワン上海、総経理)

ベネフィット・ワンさんが独自で実施されたグループインタビューの結果を紹介しました。中国人スタッフは何を考え、何を会社に求めていますか?グループインタビューから見えた社員の本音をもとに、日本人の勘違いをひも解きました。中国人スタッフとの向き合い方をあらたに考えられましたと現場の声でした。

16:00~第二部「強い組織は「ルール」とどう向きあっている?」

講師:五十嵐充(髙井・岡芹法律事務所、首席代表、弁護士)

ルールの3つの側面「守る」「作る」「守らせる」から、強い組織がルールとどう向き合っているのか講演いただきました。自社のルールを見直いいすきっかけだとお客さんはいいました。

17:00~第三部「「ツール」を使って取り組む人材マネジメント事例のご紹介」

講師:増田導彦(サイボウズ中国、副総経理)

いよいよ弊社になります。スピーカーは副総経理の増田導彦です。中国歴25年で培ったノウハウを生かし、「ツール」の視点から、人材マネジメント事例を紹介しました。日本において、働き方改革先進企業として取り上げていただくことの多い弊社ですが、中国ではどのような組織マネジメントを行っているのか、どのように改革を進めているのか、プロセスも含めて、裏側を紹介しました。900社の実績も交えて挑戦事例を語りました。個人プレーからチームプレーに変え、生産性を高めるグループウェアを紹介しました。みんなは興味しんしんでした。

17:50~質疑応答

参加者の皆様は、興味がある分野について多くの質問しました。「働き方改革」にワクワクしてます。盛り上がっていました!

ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。